club forest™

 

ミニトマトの育て方
春から育てる果菜類

栽培カレンダー

栽培カレンダー

育て方の手順

1 用意するもの

培養土(おいしい野菜ができる土)、20 リットル容コンテナ、肥料(フルセッ ト 776)、殺虫剤(アドマイヤー)(使用はお好みで)、苗を用意します。

  • フルセット776は有機入り配合肥料(窒素7%・リン酸7%・カリ6.5%配合)

クラブフォレストオンラインショップでは、住友林業緑化の「おいしい野菜ができる土」などがご購入いただけます。

栽培用具

ガーデニングアイテム
クラブフォレスト会員様のためのショッピングサイト
おいしい野菜ができる、オススメのガーデニンググッズをぜひご覧ください。

2 苗の植え方

種の植え方(1)

(1)コンテナの6〜7分目まで培養土を入れ、元肥としてフルセット776をスプーン1杯(30g)程度入れます。肥料を入れたらよく混ぜます。

種の植え方(2)

(2)苗をポットから外して、コンテナ中央に置きます。ポットを外すときは苗を傷つけないようにしましょう。

種の植え方(3)

(3)虫を寄せ付けたくない場合は、殺虫剤(アドマイヤー)を小さじ1杯(1〜2g)まきます。

種の植え方(4)

(4)苗の根鉢が隠れるように培養土を加えます。

種の植え方(5)

(5)苗と培養土が密着するように株元を軽く押さえます。

種の植え方(6)

(6)苗にわき芽が出ているようなら取りましょう。ハサミを使用すると病気を持ち込む可能性があるため、手で摘み取ります。

種の植え方(7)

(7)苗が根付くまでは風であおられると生育が遅れるので、仮支柱を立てて、8の字に交差を描くようにひもで誘引します。

種の植え方(8)

(8)コンテナの底から水が出るくらいまでタップリ灌水します。灌水の頻度は夏場は1日2〜3回、冬場は1回が目安になります。

3 育て方

水やり

育て方(1)

コンテナの底から水が出るくらいまでタップリ灌水します。灌水の頻度は夏場は1日2〜3回、冬場は1回が目安になります。

支柱立て

育て方(2)

株が生長してきたら、支柱を立てて誘引していきます。支柱の高さは作業がしやすい身長程度がよいでしょう。支柱は倒れないように、なるべく太めのものを選びましょう。

わき芽取り

育て方(3)

わき芽はハサミを使わず手ですべて摘み取り、1本仕立てにします。わき芽取りは傷口が治りやすい晴れた日の早朝に行いましょう。

摘心

育て方(4)

支柱の高さになったら、果房の上の葉2枚を残して摘芯します。

追肥

育て方(4)

追肥のタイミングは2、4、6の偶数段目の果房が着果時に、化成肥料を大さじ1杯分(30g)まきます。化成肥料は窒素成分量が7〜8%のもので、「フルセット776」がおすすめです。

4 収穫

果実が赤く熟したら収穫時期になります。ヘタを抑えながら持ち上げるように摘み取ります。黄色い品種の場合は、果実全体が完全に黄色くなったら完熟のサインです。

病虫害対策

自然の中で野菜を育てると、どうしても虫が寄ってきてしまいます。それらが病気を運んでくることもあります。野菜づくりで完全に病虫害を排除することはできませんが、被害を最小限に食い止めることはできます。

株間が狭く、枝や葉が密集すると、風通しが悪くなり、日当たりも悪くなります。暗くて湿気が溜まりやすくなると、害虫や病気が発生しやすくなります。
株間を十分に与えた野菜は、日当たりもよくなり、根をよく張って大きく元気に育つので、病虫害が出にくくなります。

果菜類などを育てている場合、葉が茂りすぎて株元の風通しが悪くなることで、害虫や 病気が発生しやすくなります。そこで、下の方の傷んできた葉などは、こまめに摘葉しましょう。じゃまな枝葉を整理することで、風通しが良くなり、光も入る ようになるので、株元から病気も発生しにくくなります。

病虫害対策

詳しい病気・害虫・鳥獣害対策はこちら

野菜づくりのお悩みQ&A

収穫したミニトマトの皮がかたく感じられます。
肥料や水が不足しているかもしれません。

考えられる原因は以下の通りです。

(1)トマトの品種

ミニトマトは品種により、食味や皮のかたさが異なりますので、まずは皮がやわらかめな品種を選ばれるとよいで しょう。主な品種として、タキイ種苗の「ココ」やサカタのタネの「キャロル 7」などがあります。また、黄色や オレンジ色のミニトマトは比較的やわらかめな品種が多いようです。園芸店などで特徴を聞いてから、苗を購入するとよいでしょう。

(2)栽培の環境

果皮がかたくなってしまう環境的な理由は、以下が考えられます。

●水分不足

水不足によるストレスで果皮がかたくなります。対処方法として、コンテナ(プランター)栽培の場合は、「なる べく容量の多いコンテナ(20 リットル以上)を使う」、「夏場には水を切らさないようにこまめに潅水をする」等 がポイントです。水分ストレスはトマトを甘くするため、多少皮がかたくても甘いトマトをご希望の場合は、好み に合わせた管理をお勧めします。

●肥料不足

基肥は控えめに、追肥中心の肥培管理をしましょう。ポイントは、生育ステージに合わせて、2、4、6 ...(偶数) 段目の着果時を目安に、追肥をすることです。

●低温による影響

低温によって果皮がかたくなることがあります。温度が高くなる春から夏の栽培は比較的に大丈夫ですが、夏から 秋にかけて夜温が低くなる季節はかたくなる場合があります。対処方法として、果実の周りの葉かきをするなど、 なるべく果実に日が当るようにしましょう。その方が着色も早くなります。

尻腐病

トマトのお尻が黒ずんで腐ったようになりました
カルシウム不足による尻腐病です。

トマトは特にカルシウムの必要性が高く、不足すると尻腐病という病気になってしまいます。

一般的に、カルシウムは畑で育てている場合よりも、コンテナで育てている場合に不足しやすくなります。特に夏場は乾燥気味になるため、カルシウムがより吸収しにくく、不足しやすくなるので、鉢土がカラカラに乾かないようにするとともに、カルシウム肥料を補うことが必要です。

尻腐病

ガーデニングのプロが教える
ワンポイント・アドバイス
住友林業緑化

住まい博などで、オーナーの皆さまから「植えつけてすぐはどんどん大きくなったのに、実が成りはじめると急に大きくならなくなった」という質問をよくいただきます。

次々と実を成らせる野菜(トマト、ナス、キュウリ、ピーマン、オクラなど)は、最初に施した肥料では実を成らせ続けることができません。果実に栄養がとられるので、その分の栄養を追加してあげる必要があります。

「なぜ最初から肥料を多くやらないの?」と疑問に思われるかもしれません。その理由は、野菜が一度に吸える肥料の量には限りがあり、多すぎる肥料は根を傷め、花数を減らす原因にもなるからです。そのため、根を傷めない量の肥料を、トマトなら10日に1回程度追肥する必要が出てくるわけです。

園芸店やホームセンターなどでは、それぞれの野菜に合った肥料を販売しているので、その説明どおりに施せばほぼ問題はありません。適切な量の肥料を必要な時期に施すことで、長期間おいしい果実が収穫できます。

こちらの野菜もオススメ!

ナス

ナス
苗から植え付けるのが簡単。水を切らさずうまく管理をすれば、長期間収穫を楽しむことができます。

キュウリ

キュウリ
苗から植え付けるのが簡単。支柱立てや摘芯、整枝など多少手がかかりますが、とれたてのみずみずしさは格別です。

ピーマン

ピーマン
苗から植え付けるのが簡単。次々に実がなり、長く収穫が楽しめます。完熟した赤いピーマンが食べられるのも家庭菜園ならでは。

ラディッシュ

ラディッシュ
別名二十日大根とも呼ばれるように、1カ月程度で収穫できるため、お手軽な人気野菜です。