club forest™

 

食べ方のアイデア

うまみ凝縮! 干し野菜

野菜を切って干すだけで、味が濃くなりおいしくなります。菜園で野菜がたくさん採れたら、干し野菜にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。
野菜を干すことで、さまざまなメリットがあります。

●うまみが凝縮する

水分が抜けるので、味やうまみが濃くなります。

●料理が簡単になる

サラダなどは水っぽくならず、揚げ物などもからりと揚がります。

●無駄がない

野菜の切れ端や残り野菜も干せば日持ちがよくなり、おいしく食べられます。

干すために必要なのはザルやアミ程度。野菜を切って、日当たりがよく風通しのよい場所に干しましょう。お洗濯と同様、カラッと晴れた湿度の少ない日が最適です。
ものにもよりますが、半日〜1日程度で、ほどよく水分が抜けたセミドライの状態に仕上がります。

いつもの料理に使うと、水分が飛んでいるので、調理時間の短縮にもなりますし、味が濃くなるので、調味料を控えめにしても野菜の味が際だちます。

参考:『干し野菜の深味レシピ』(村井りんご著・日東書院)

干した様子

菜園で採れたトマト、なす、ピーマンを4時間ほど干した様子

料理

にんにくを入れたオリーブオイルで干し野菜を炒めて塩・胡椒、バジルを利かせた一品。トマトのうまみで食が進みます。

根菜類の葉を無駄なくおいしく!

収穫したニンジンやダイコンなどの葉は、捨てるにはもったいないもの。手作りの野菜だからこそ、まるごと全部おいしくいただきたいものです。そこでおすすめなのが「かきあげ」。香りがきつめのニンジンの葉も、かき揚げにすると食べやすくなります。ダイコンの葉やネギの青い部分も、かき揚げにするとサクッと香ばしく、箸が進みます。

ニンジンの葉は茎の太くてかたい部分を除くと食べやすくなります。天ぷら粉はあまりつけすぎない方がサックリと仕上がります。揚げはじめは形が崩れやすいので、あまり箸で動かさず、180度の油でカリッとなるまで揚げましょう。

お好みで、紅ショウガや干しエビ、ちくわなどを加えてもおいしいですよ。

根菜類の葉

体調に合わせたおすすめ野菜

1 胃の弱い人や便秘の人におすすめの「ダイコン」
ビタミンCと消化酵素“ジアスターゼ”が豊富!

ジアスターゼは熱に弱いので、大根おろしなど生のまま食べるのが効果的です。食物の消化を助け、整腸作用で胃の弱い人や便秘の人におすすめの野菜です。ビタミンCは皮により多く含まれています。

ダイコン

2 免疫力を高める「ニンジン」
カロテンで活性酸素を除去!

カロテンは免疫力を高め、ガンや心臓病、動脈硬化の原因である活性酸素を除去する効果があります。ビタミンAも含まれており、皮膚や粘膜を正常に保つ働きがあるため、肌荒れ防止効果も期待できます。

ニンジン

3 美肌効果が期待できる「ルッコラ」
かのクレオパトラも食べていた!?

ルッコラには、ほうれん草の4倍のビタミンC、ピーマンの30倍のカルシウム、モロヘイヤと同等の鉄分が含まれており、栄養価抜群のハーブです。生で食べるのが一般的ですが、おひたしや炒め物もおすすめです。

ルッコラ

野菜を利用した健康茶はいかが?

おいしいだけじゃない野菜の力。そのエキスを抽出した健康茶にはさまざまな効能があるといわれます。
そこで、「ゴボウ茶」と「タマネギ茶」を紹介します。

1 ゴボウ茶

中国では古くから薬草として使われていたゴボウは、万能薬といわれる朝鮮人参と同様なサポニンという成分が、脂肪吸収率を抑制し、抗酸化作用があるそうです。また、整腸作用や利尿作用があるといわれます。
実際に飲んでみると、ゴボウの香りとともにほんのりと甘みを感じ、ゴボウ好きの方はお茶として無理なく楽しめそうです。利尿作用の効果を実感し、むくみなどが軽減されそうに感じました。ただし、ゴボウはアクが強いため、アレルギー体質の方はご注意ください。

●作り方

  • 皮を付けたままピーラーで薄くスライス。
  • 半日ほど天日干しで乾燥。
  • 乾いたゴボウをフライパンで5〜10分ほど煎り、ゴボウの香ばしい香りがしてきたら火を止める。
  • 急須にひとつまみ入れ、お湯を注いで3分ほど蒸す。

ゴボウ茶

2 タマネギ茶

タマネギの皮の部分には、ケルセチンというポリフェノールが含まれており、抗酸化作用や脂肪吸収率を抑制する効果が期待できるそうです。
実際に飲んでみると、タマネギの香りとともに、少し渋みが加わった味わい。好き嫌いが分かれるかもしれません。皮の成分を利用するには、ポトフなどの煮込み料理の際に、皮を付けたまま調理し、食べる前に皮を取り除くという方法もあります。こうすれば、その成分がお茶同様にスープに染み出しますね。

●作り方

  • タマネギの皮を水洗いし、乾燥させる。
  • 水1リットルに対してタマネギ3個分程度の皮を鍋に入れて強火にかけ、沸騰したら中火に。
  • 3分ほど煮立てたら火を止めて完成。お好みでショウガやハチミツをプラス。

タマネギ茶

他のコンテンツも見る

野菜の豆知識

野菜の豆知識
コンパニオンプランツや野菜の保存術など、野菜にまつわる豆知識をご紹介します。

野菜づくりの情報

野菜づくりの情報
野菜にまつわる資格や貸し農園についてなど、野菜づくりがより楽しくなる情報をご紹介します。

寄せ植えアイデア

寄せ植えアイデア
ハーブを使ったさまざまなタイプの寄せ植えをご紹介します。