club forest™

 

日本茶の愉しみかた3 抹茶の手軽なアレンジ法

前回に引き続き抹茶がテーマです。抹茶はアレンジがきくので、楽しみかたの幅も広がります。

いろいろな方法で楽しむ抹茶の魅力

少し堅苦しいイメージの強い抹茶ですが、自宅でも手軽に点てられることはもちろん、いろいろな楽しみかたができるのもまた、抹茶の魅力です。今回は、マグボトルさえあれば茶筌(ちゃせん)を使わずにすむ、より手軽に抹茶を楽しむ方法をご紹介します。また、抹茶の苦みが少し苦手、子どもと一緒に楽しみたいという人は、ミルクを加えて抹茶オレにすると、まろやかでコクのある味わいが楽しめます。休日に家族で抹茶オレ作りに挑戦すれば、家族間のコミュニケーションも広がるはず。ぜひ皆さんに、抹茶をもっと身近に感じて味わっていただけたらうれしいです。

【撮影協力・監修】
一保堂茶舗 東京丸の内店
http://www.ippodo-tea.co.jp

1. マイボトルで楽しむ“シャカシャカ抹茶”

マグボトルを使った抹茶の楽しみかたをご紹介。茶筌いらずで持ち運べ、より手軽に抹茶を楽しめます。

用意するもの

マグボトル

ご自宅にお持ちのマグボトル。ここで使用するのは480mlのもの。大容量で水分補給にも◎

(※淹れたお茶はなるべく早く飲みきることをおすすめします)

マグボトル"

茶漉し

なくてもよいですが、漉すだけで断然口当たりがよくなります。ダマになって残ると苦みを感じるため、準備しておくとよいでしょう。

茶漉し

茶杓(ちゃしゃく)

茶杓がない場合は小さじやティースプーンでも代用可能です。茶杓を水に濡らすと抹茶がこびりつきやすくなるので、水洗いは厳禁です。

茶杓(ちゃしゃく)

“シャカシャカ抹茶”の作りかた

  1. 1 抹茶を漉す

    1 抹茶を漉す

    準備する抹茶は、茶杓約2杯(約3g)。料理用の小さじの場合は、すり切り1杯半で約3gとなります。まずは、マグボトルの上で抹茶を漉しましょう。漉すことでダマがほぐれ、水と混ざりやすくなります。

  2. 2 水、またはお湯を注ぐ

    2 水、またはお湯を注ぐ

    抹茶を漉したら、水またはお湯をマグボトルに注ぎます。目安は水100mlに対して、抹茶1g。夏の暑い日であれば冷たい氷水を、寒い冬なら温かいお湯を入れるなど、季節や気分で使い分けるとよいでしょう。

  3. 3 シャカシャカ振って完成!

    3 シャカシャカ振って完成!

    マグボトルを上下に振り、抹茶と水(お湯)が混ざれば完成。振りすぎると抹茶が長時間刺激されえぐみが出てしまうので、目安は10秒程度。沈殿しても、飲む前にもう一度振ればOK。

2. カンタンにできる抹茶オレの作りかた

抹茶にミルクを注ぐだけで、子どもも一緒に楽しめる口当たりマイルドな抹茶オレの完成です。

用意するもの

抹茶茶碗

片口の抹茶茶碗は、コーヒーカップやグラスなど、好みの器に小分けにしやすく使い勝手も◎。大きく深さもある器なら、数人分の抹茶を一度に点てられ効率的です。

抹茶茶碗

茶筌(ちゃせん)

購入する場合価格はピンキリ。初めてならどんな茶筌でもOKですが、少し高めのもののほうが長持ちします。使わないときは茶筌立てに立てておくとよいでしょう。

茶筌(ちゃせん)

茶杓(ちゃしゃく)

茶杓がない場合は小さじやティースプーンでも代用可能です。茶杓を水に濡らすと抹茶がこびりつきやすくなるので、水洗いは厳禁です。

茶杓(ちゃしゃく)

茶漉し

なくてもよいですが、漉すだけで断然口当たりがよくなります。ダマになって残ると苦みを感じるため、準備しておくとよいでしょう。

茶漉し

マグカップ

お気に入りのデミタスカップに注いでみるなど、ちょっとした工夫で見た目も華やぎ、より楽しく抹茶オレを味わうことができます。湯のみ茶碗でももちろん◎。

マグカップ

ミルク

スーパーやコンビニで普通に売られている牛乳で十分おいしい抹茶オレができあがります。分量は30〜40ml(1人分の場合)あれば十分です。

ミルク

Point

ミルクと相性のよい抹茶の選びかた

ミルクと合わせるなら、さっぱりとした味わいの抹茶がおすすめです。抹茶は価格が上がるほどうまみが充実、手頃なほど軽やか(さっぱり)な味わいになります。うまみが充実した抹茶は乳製品のコクとぶつかってしまいがちなので、さっぱりタイプの抹茶を選ぶのがよいでしょう。

抹茶オレを作ってみよう

  1. 1 抹茶を漉して、点てる

    1 抹茶を漉して、点てる

    抹茶がダマにならないよう漉してから抹茶茶碗にお湯を注ぎ、茶筌で勢いよく点てます。長時間点てると苦みを伴うため、かき混ぜる目安は10〜15秒。1人分の場合、抹茶の量は茶杓2杯(約3g)。小さじの場合はすり切り1杯半。お湯は約60mlを目安に。

  2. 2 抹茶をカップに移し替える

    2 抹茶をカップに移し替える

    抹茶を点て終わったら、お気に入りのマグカップやデミタスカップに移し替えます。抹茶茶碗にミルクを注いで茶筌でかき混ぜるのは、茶筌にミルクのにおいが移ってしまうのでNG。以後抹茶を点てる際に、繊細なお茶の風味に影響してしまいます。

  3. 3 仕上げにミルクを加える

    3 仕上げにミルクを加える

    ミルクの分量は軽くひと回しが目安ですが、好みで調整を。また、子どもが飲む場合はミルクに加え、ハチミツなどを入れてもおいしく飲めますが、ミルクだけでも十分なコクと甘みが感じられます。まずは、ぜひミルクだけで味わってみてください。

  4. 4 できあがり

    4 できあがり

    ミルクを加えてスプーンでよくかき混ぜたら、温かいうちに召し上がってください。抹茶はお湯と抹茶が混ざり合っているだけで、溶けているわけではありません。10分ほどで抹茶が沈殿してきますので、冷めないうちに飲みきるのがおいしく味わうポイントです。

Column

ミルクを変えることで何通りでも楽しめます

定番のミルクを使った抹茶オレはもちろんおすすめですが、ミルクを変えてアレンジするのも楽しいものです。例えばソイミルク(豆乳)やアーモンドミルクなどを加えてみてはいかがでしょうか。どれも抹茶によく合うので、いろいろ飲み比べて、自分の好みの味を見つけてみては?

PREMIUM WATER ウォーターサーバー
クラブフォレストがおすすめするウォーターサーバーでお茶をさらにおいしくしませんか?
おトクな会員限定特典付き!