club forest™

 

行楽シーズンやイベント行事に活用したい
ちょっとしたコツで上達!
写真撮影テクニック

デジタルフォトフレーム〜これ1台で何枚もの写真を楽しむ〜

撮影した写真は、パソコンのモニタに表示して閲覧したり、DPE店や家庭用のプリンタでプリントしたりするのが一般的な楽しみ方だと思いますが、デジタルの特性を活かして演出できるデジタルフォトフレームの利用をおすすめします。季節や気分に合わせて、定期的にディスプレイに表示する写真を変更できるのが特長です。

室内の色に合わせてフレームのカラーと表示する写真のバランスを取り、インテリアの一部としてうまく取り込むほか、音楽再生可能なデジタルフォトフレームを利用して、客間の空間を写真とBGMで演出することもできます。最近では、メールで届いた写真を自動的にディスプレイに表示するものなど、とても高機能なデジタルフォトフレームも登場しているので、より深い楽しみを味わうことができます。

映像編集ソフト〜WindowsムービーメーカーやiMovieなどで演出!〜

撮った写真をもっと楽しみたい方には、パソコンに付属している映像編集ソフト利用もおすすめです。
意外と簡単にオリジナルのフォトムービーを作ることができます。

WindowsやMacなどのパソコンに標準で付属している(一部機種を除く)Windows「Windowsムービーメーカー」や、Mac「iMovie」などを利用して、撮影した写真を編集していくのですが、操作はいたって簡単。お好みの写真を複数枚選び、写真を表示する長さや表示切替の効果を選ぶだけ。
好きな場面で音楽を挿入できたり、文字を入力したりと、簡単に希望の演出を再現できます。
「Windowsムービーメーカー」や「iMovie」の使い方などに関しては、書籍やインターネットの情報を参考にしていただければ、比較的簡単に使いこなすことができるので、興味のある方はぜひお試しください。

よりフォトライフを楽しむために〜何気ない1枚が立派な作品に〜

最後に、フォトライフを楽しむためのサービスをご紹介いたします。まずは撮影した写真をインターネット上に公開するサービス。写真の好きな人が集まる場なので、お互いの写真を閲覧し合ったり、共通の話題で盛り上がったりすることができます。もちろん離れて暮らす家族に閲覧してもらうといった利用方法もあります。

また最近では、自分の撮った写真を本にしてくれるサービスなどもあります。自分の気に入った写真をピックアップして簡単な注文を行うだけで、自分だけの写真本が完成します。こういったサービスを利用し、家族の写真やイベントの写真を本にして両親や友人にプレゼントすると、喜んでもらえるのではないでしょうか。

その他、自身のブログで写真を公開したり、ポストカードにして写真とともに気持ちを届けたりすることもできます。アルバムに入れて自宅で楽しむ以外にも、たくさん写真の楽しみ方は存在しますので、ぜひ充実したフォトライフを探してみてください。

登場人物紹介

檜山陽子
(専業主婦)

陽子は、夫である健一、10歳の息子、8歳の娘との4人暮らし。ペットのミニチュアダックスもいつも一緒。おっとりした性格であるが、好奇心旺盛で興味の対象には熱中する38歳の専業主婦。陽子の今一番の関心事は、家族の健康。

檜山健一
(陽子の夫)

陽子の夫で、阪神大震災の被災経験を持つ39歳。大手メーカーの営業課長で平日は夜遅くの帰宅が多い。休日は子供との交流や陽子の家事を手伝う、檜山家の大黒柱。

檜山大樹
(陽子の長男)

公立小学校に通う4年生。サッカーが大好きで活発な育ち盛り。性格は積極的で、好奇心も旺盛。いろんなことに興味をもつところは母親ゆずり。

檜山さくら
(陽子の長女)

公立小学校に通う2年生。両親に似て社交的な性格で、誰とでも仲良くなれる。少しおませな一面もあり、母親の家事を手伝うのが大好き。

ショコラ
(檜山家のペット)

檜山家の一員となってからもうすぐ2年のミニチュアダックスのオス。
好奇心旺盛な性格で、毎日の陽子さんの散歩と庭での穴掘り遊びが大好き

大木美智子
(おばあちゃん)

檜山家のご近所に住む、上品で博識な75歳の老婦人。料理研究家の肩書きを持ち、80歳の夫と一緒に暮らしている。昔から受け継がれた知恵で、丁寧に家の手入れを行っている。

大地博
(博士)

国立大学工学部建築学科卒業後、アメリカへ留学し、博士号取得。大手建設事務所勤務の後、大学の教授に就任。自ら設計した実験住宅に住み、環境にやさしい家を思考する60歳。檜山健一の父親と先輩後輩の間柄。

ジョニー
(健一の友人)

健一の学生時代からの友人でカリフォルニア出身の39歳。 両親と妻、2人の子供とロサンゼルスのロングビーチに暮らしている。 健一と知り合ったことをきっかけに、日本の文化(特に建築)に興味を持つ。 日本へは、時々出張で来日する。