club forest™

 

洗面所編

いろいろな汚れの原因が集まりやすい洗面所。「いつかまとめてお手入れ」ではなく、「いつもこまめにお手入れ」を心がけましょう。

しつこい汚れのたまりやすい洗面所。細かいお手入れ箇所も多く、それぞれどんなお手入れが最適なのか、悩みどころです。いつも気持ちよい洗面所を保つために、日頃からどんなお手入れをしておくとよいのか、そのポイントをご紹介していきます。

※当コンテンツでご紹介するお手入れ方法はすべて一例です。設備・製品・部材などによってお手入れ方法が異なる場合がございますので、必ず各設備・製品・部材などの取扱説明書をご覧ください。

洗面所のお手入れ方法

以下の各項目を選択してクリックすると、項目の下部に詳細記事が表示されます。

  • 1. 洗面化粧台のお手入れ周期
  • 2. 洗面台のトラブル対処法
  • 3. キャビネットのメンテナンス方法
  • 4. 落ちにくい汚れの対処法
  • 5. 引き出し、スライドラックの調整方法
  • 6. シャワー、吐水口のお手入れ方法
1. 洗面化粧台のお手入れ周期
1. 洗面化粧台のお手入れ周期

部位ごとにお手入れの周期や方法が異なります

キャビネット

【月1回】

中性洗剤を薄めた液に布を浸し、固く絞って拭きます。その後、水拭きしてからカラ拭きします。扉を開けて、中も外も拭きましょう。細かい部分は、布を巻きつけた割り箸で汚れを落とし、キャビネット全体を固く絞った布で水拭きします。

【これはNG】

樹脂部に溶剤(シンナーやアルコール類など)やクレンジング類、油脂類を含む整髪料や化粧品等がつかないように気をつけましょう。「ケミカルクラック」と呼ばれるひび割れが起こるおそれがあります。汚れてしまった場合は基本のお手入れをしましょう。

キャビネット

洗面ボウル・カウンター

【週1回】

人造大理石一体型は、1日の終わりにカラ拭きを行い、しつこい水アカを防ぎましょう。週に1度は浴室用中性洗剤とスポンジで、円を描くように洗います。

洗面ボウル・カウンター

照明

【月1回】

カバーを外して、中性洗剤を薄めた液に浸した布で拭きます。その後、水拭きしてからカラ拭きします。照明カバーの外し方は、次の通りです。

  • 照明用スイッチを切ります。
  • 照明カバーの両端から、10cmくらいのところの上面と下面を軽く挟んで持ち、手前に引き抜いて外します。

照明

ヘアキャッチャー

【週1回】

スムーズな排水のために、髪の毛などを取ってお手入れします。

シャワー水栓

シャワーの穴に砂や水アカが詰まると、水の出が悪くなったりムラが出たりします。時々取り出してたまった汚れを取り除きましょう。

<手順>

  • ネジを緩めるか、穴あき部分を回して外します。
  • 穴に詰まった砂や水アカを歯ブラシでこすって落とします。
  • 元の位置に戻します。
  • 外からこすっても取れませんので、必ず外してお手入れしましょう。
排水口

【週1回】

排水栓を引き抜いてゴミを取り、歯ブラシに練り歯磨きをつけてみがき、水洗いします。ヘアキャッチャー(髪の毛やゴミが流れないようにする部品)つきの場合、ゴミを取って歯ブラシで掃除します。

排水口

洗面台下

排水パイプは、普段のお手入れは水拭きした後、カラ拭きしてホコリを取ります。ホコリは湿気を呼んで、シミや汚れのもとになります。また、排水パイプにカビがついた場合は、歯ブラシにクリームクレンザーをとり、こすり落とします。全体を水拭きした後、カラ拭きして扉をしばらく開け放し、乾燥させます。

洗面台下

【週1回】

固く絞って水拭きしたあとカラ拭きしましょう。

水栓金具

【週1回〜月1回】

中性洗剤をやわらかい布につけて洗いカラ拭き仕上げします。

水受け部材(内部)

【週1〜2回】

水がたまっていたら捨て、水洗いしてカラ拭きしましょう。

スイッチ・コンセント

絶対に水をかけないでください。また、濡れた手で触らないでください。漏電や感電のおそれがあります。

こんな時は?

排水パイプがつまったら

排水トラップにゴミが詰まると、排水が悪くなることがあります。非塩素系の排水パイプ洗浄液を使用して様子を見ます。改善しない時は、製品の使用上の注意にしたがって、何日かかけて繰り返します。それでも改善されない時は、トラップ部を外してゴミを取り除きましょう。

2. 洗面台のトラブル対処法
2. 洗面台のトラブル対処法

下記の方法を試してみてください

コンタクトレンズを落としてしまった

【すぐなら間に合うかもしれません】

パイプ下にバケツを置き、U型パイプまたはカップ型トラップ部分を外します。たいていこの中に落ちていることが多いものです。

  • パッキンなどを無くさないよう、またパイプの締め戻しはしっかりと行ってください。しばらくたってから、水漏れしていないか再点検してください。

【下部にコックがある場合】

落としたものは、コックを外せば取れます。詰まりもここでお掃除できます。

  • 外す時はいずれの場合も、バケツなどの水受けを置いてください。

U型パイプまたはカップ型トラップ部分を外す

ヘアピンを置き忘れ、茶色に錆びた

【もらいサビです。還元系漂白剤で落とせます】

還元系漂白剤(粉末状:ハイドロハイターなど)をぬるま湯でドロドロに溶かし、ティッシュペーパーに含ませて20〜30分ほどサビの上に置いておきます。乾いたところにスポンジでこすると、ほとんどの場合きれいに落ちます。そのあと、水で洗い流します。数回繰り返しても取れない場合は、すでに奥までサビが浸透してしまっているかもしれません。

洗面ボウルが白っぽくザラつく

【完全に取ることは難しいものです。クリームクレンザーで気長に】

水中に含まれるカルシウムと石鹸カスや皮脂が反応し、しつこい汚れになります。

  • スポンジにクリームクレンザーをとり、1度で落ちない時は、4,5回磨いてはお湯をかけ、これを繰り返します。
  • 水で洗剤分を洗い、乾拭きします。

洗面ボウルが白っぽくザラつく

臭気が上がってくる気がする

【トラップ内に封水がなくなっている場合があります】

しばらく使わないと蒸発して封水がなくなったり、たまったゴミや髪の毛が毛細管現象を起こして封水が流れ出てしまい、臭う事があります。排水口などを掃除し、水を流しておきます。

  • 時々水を流し、それでも臭いが消えない時は、非塩素系の排水パイプ洗浄剤を使います。
  • トラップから水漏れしている場合は、こちらのお問い合わせページからご連絡ください。

【ヘアキャッチャーについて】

シャンプータイプの排水栓のヘアキャッチャーは、排水管の詰まりを防ぐためのもの。詰まりは臭気の元になることもあります。時々、歯ブラシなどで掃除をしてください。ゴミや髪の毛は取り除いて捨てます(排水口には捨てないでください)。

トラップ内に封水がなくなっている場合があります

ヘアキャッチャーについて

3. キャビネットのメンテナンス方法
3. キャビネットのメンテナンス方法

下記の方法でメンテナンスしてください

調整丁番仕組みと調整について

まず調整丁番の仕組みは右のイラストの通りです。

  • 上下調整ネジは、下部についている場合もあります。
  • 上下調整ネジのない場合、上下調整は「D」で行います。

開閉の多いキャビネットは、使っているうちにゆるみやズレが出てくることがあります。放置するとだんだん調子が悪くなるので、状況に応じて調整しましょう。ほとんどの場合は、ご自分でドライバー1本で直せます。直らないときはこちらのお問い合わせページからご相談ください。ネジを回すときは、まず1回転、回してみましょう。一度にたくさん回すのではなく、少しずつ回すのがコツです。

【注意】

  • 電動ドライバーはネジ、ネジ穴を傷めますので使用しないでください。
  • 調整丁番は、洗面所や居室収納とも共通している部分がありますので、参考にしてください。
  • ネジを回す方向と扉の移動方向が異なるタイプもあります。回してみて確かめながら調整してください。

調整丁番仕組みと調整について

扉の外し方・取り付け方

【外し方】

扉部分をしっかり持ち、丁番の後ツメ部を持ち上がれば外れます。

扉の外し方

【取り付け方】

  • 前ツメ部をはめます。
  • 丁番本体を後ツメ部用の穴に押しつけると、取り付けることができます。
  • 取り付け後、固定されているかどうか、しっかり確認しましょう。

扉の取り付け方

調整例

【扉がガタつくとき】

まず、イラストのB、Cをしっかり締めます。それでも改善しない場合は、一度ゆるめて前後調整または上下調整し、締め直します。

扉がガタつくとき

【扉がきしむとき】

潤滑不足が考えられるので、丁番回転部分にシリコンスプレーを吹きつけてください。

  • スプレーが扉についたときは、きれいに拭き取ってください。

【取っ手がガタつくとき】

取っ手の扉裏側ネジを締め直します。他の取っ手も確認して、締め直しておきましょう。

【前後のズレ】

イラストのBをゆるめて扉を前後調整し、締め直します。

前後のズレ

【扉の上下がそろっていないとき】

イラストのCをゆるめて扉ごと上下調整した後、締め直します。上下2ヶ所とも行ってください。

扉の上下がそろっていないとき

【左右がずれるとき】

イラストのAを左に回すと扉が丁番側へ、右に回すと丁番の反対側へ動きます。

左右がずれるとき

【扉が傾いているとき】

上下のいずれか、傾いているほうの丁番を調整します。

扉が傾いているとき

【本体がガタついているとき】

壁に固定するネジがゆるんでいる場合は、すぐにこちらのお問い合わせページからへご連絡ください。

耐震ラッチについて(一例)

地震が発生すると、振動によりセンサーが反応し、ロック部品がラッチにロックを掛け、扉が開かなくなります。揺れがおさまるとセンサーが元に戻り、自動的にロックが解除されます。

耐震ラッチについて(一例)

【揺れがおさまってもロックが解除されないとき】

右図のように扉に収納物がよりかかり、ラッチ部に荷重が掛かっているとロック状態のままになります。扉を軽く押すか、一度閉めてロック解除、収納物が落ちないように注意しながら扉を開きます。

【揺れがおさまってもロックが解除されないとき】

4. 落ちにくい汚れの対処法
4. 落ちにくい汚れの対処法

下記の方法でお手入れしてください

白くこびりつく汚れ、石ケンカス

石ケンカスや人間の脂肪分が水道水中の金属成分と反応してできるしつこい汚れは、洗面ボウルなどに付着します。いったんついてしまうと落とすのが面倒です。洗面ボウルを使用したあとは水アカ対策と同じようにボウルの水分を拭き取って予防します。

取れない水アカ

水道水に含まれる「溶性ケイ酸」が化学反応し、ホコリや鉄分などの他の汚れも取りこんで汚れになります。これは化学的には落ちにくいものです。洗面後、ボウルや水栓の水分を拭き取ることで予防できます。

黒っぽい汚れ カビ

ゴムパッキンや目地などが多発地帯です。まめにカラ拭きして乾かしておくのがカビを生やさない重要なポイントです。

ピンクの汚れ バクテリア

洗面ボウルや洗面台の水栓付近につくピンクの汚れは、バクテリアが付着して繁殖したものです。浴室用中性洗剤をティッシュに含ませてパックします。(人造大理石のボウル、カウンターはカビ取り剤、漂白剤が苦手。素材を傷めます。)

ホコリの黒ずみ汚れ

静電気によって空気中のホコリが引き寄せられ、それが洗面ボウルやキャビネットなどの表面について黒ずみが生じることがあります。初期のうちなら、中性洗剤で簡単に落とせます。

ヘアピンなどのもらいサビ

器具そのものから生じるのではなく、濡れたヘアピンや空き缶などのサビがステンレスや人造大理石などに付着したもの。うっかり置き忘れを注意すれば防げます。
つけてしまったら、柔らかい布にクリームクレンザーをつけてそっとこすり、取れたら水拭き、カラ拭き仕上げします。

5. 引き出し、スライドラックの調整方法
5. 引き出し、スライドラックの調整方法

以下の方法で行ってください

引き出し:ずれの調整(TOTOの場合)

引き出し:ずれの調整(TOTOの場合)

(1)上段中央引出し

上段中央引出し

(2)左右引出し

左右引出し

(3)下段引出し

下段引出し

スライドラック:上下・左右のずれ(TOTOの場合)

スライドラック:上下・左右のずれ(TOTOの場合)

  • 製品によって調整方法が異なりますので、調整時は必ず取扱説明書をご確認ください。
引き出し:前板の調整(INAXの場合)

引き出し前板裏面と引き出し底板の間に、L型金具が取り付けてあります。引き出し調節(前板の傾き調節以外)を行う際には、必ず固定ねじをゆるめて(金具が動く程度)から行ってください。

また、調節完了後は必ず固定ねじを締め付け直してください。

引き出し:前板の調整(INAXの場合)

■引き出し前板の調節

引き出し本体横の化粧カバーを取り外します。

引き出し前板の調節

■ 左右調節

図のように、左右調節ねじを回し調節します。

  • 右へ移動する場合:ねじを右へ回す。
  • 左へ移動する場合:ねじを左へ回す。
  • 調節は、引き出し本体の左右共に行ってください。
  • 調節範囲:左右方向へ各1mm(計2mm)程度。

左右調節

引き出し前板の調節

■上下調節

図のように、上下調節ねじを回し調節します。

  • 上へ移動する場合:ねじを右へ回す。
  • 下へ移動する場合:ねじを左へ回す。
  • 調節範囲:上下方向へ各2mm(計4mm)程度。

上下調節

■前板の傾き調節

図のように、サイドギャラリー(パイプ)を回し、前板の傾きを調節します。

  • 前板を手前へ倒す場合:左へ(前板正面から見て)回す。
  • 前板を後方へ倒す場合:右へ(前板正面から見て)回す。
  • サイドギャラリー後方の樹脂部品(グレー色)のねじ部にすき間が残りますが、このすき間は調節しろです。

前板の傾き調節

スライド収納:前板の調整(ノーリツの場合)

前板と引き出しは底板下面部でL 型の金具で固定しています。調整する場合は一度金具を外して、調整後再度取り付けます。

■左右調整

前板取り付けねじAを緩め、前板の左右のずれを調整してください。調整後、前板取り付けねじA を締めつけてください。

左右調整

左右調整

■上下調整

固定ねじB を緩め、上下調整ねじC で前板の上下の傾きを調整してください。調整後、固定ねじB を締めつけてください。

上下調整

(注意点)

  • 前板取り付けねじAは、締めつけすぎないようにしてください。ねじが効かなくなるおそれがあります。(ねじが効かなくなった場合は、ねじ穴を木片などで埋めてから取り付けてください。)
  • 調整後は固定ねじBを必ず締めつけ、前板を固定してください。固定ねじB を緩んだままにしておくと、前板が落下するおそれがあります。
  • 製品によって調整方法が異なりますので、調整時は必ず取扱説明書をご確認ください。
6. シャワー、吐水口のお手入れ方法
6. シャワー、吐水口のお手入れ方法

以下の方法でお手入れしてください

洗面水栓(INAXの場合)

【年1回】

吐水口をスパナ等の工具で左へ回し、取り外します。

  • 工具は必ず布を当てて使用してください。水栓にキズがつくことがあります。

内部ユニットのゴミを取り除き、水洗いします。

吐水口をスパナ等の工具で左へ回し、取り外します

吐水口を元通り取り付けます。

  • ここでは代表的な水栓のお手入れ方法を紹介しています。お手入れ前に、取扱説明書をご確認ください。

吐水口を元通り取り付けます

シャワー水栓(INAXの場合)

ハンドシャワーを引き出します。

ハンドシャワーのストッパーの穴に小型のマイナスドライバーを入れ、「カチッ」と音がするまでスライドさせると、ロックが解除されます。

左ハンドシャワーを引き出します

切替ユニットをまっすぐ引っ張って取り外します。

切替ユニットを取り外します

切替ユニットのストレーナー(網)やシャワー散水板を歯ブラシ、針などでお掃除します。

切替ユニットのストレーナー(網)やシャワー散水板を掃除

切替レバーをハンドシャワーの先端側に向けた状態で、切替ユニットの凸部をハンドシャワーの凹部にしっかりと差し込みます。

切替ユニットの凸部をハンドシャワーの凹部に差し込みます

ストッパーをロックし、切替ユニットを引っ張っても外れないことを確認します。

  • 水栓の種類により切替ユニットの着脱方法が異なります。お手入れ前に、取扱説明書をご確認ください。

他の居室のお手入れを見る

キッチン

キッチン
使いやすさもお手入れのしやすさも、進化してきたキッチン。ポイントをおさえたお手入れで、いつも美しくお料理しやすいキッチンになります。

浴室

浴室
いつも湿気の多いバスルームは、特に丁寧なお手入れが必要な場所。出も、お手入れ箇所が多いだけに、ちょっと面倒・・・と感じてしまう方も多いのでは。

トイレ

トイレ
家族全員が毎日使うトイレは、こまめなお手入れが欠かせません。トイレを快適に保つためのメンテナンス法をご紹介。