club forest™

 

キッチン編

※当コンテンツでは、「住友林業の家」で採用している設備機器についてご説明しています。対応方法はすべて一例です。製品やタイプによって対応方法が異なる場合がございますので、必ず各製品の取扱説明書をご覧ください。

ガスコンロのトラブルQ&A

トラブルQ: 着火しない

電池切れか、バーナーまわりの汚れが原因かもしれません

まずは、ガスの元栓が閉まっていないかをご確認ください。また、地震やガス機器の長時間使用などでマイコンメーターが作動してガスが遮断される場合があります。マイコンメーターの復帰方法は、こちらのページの動画をご覧ください。

ガスの供給に問題がない場合は、

  1. 電池切れ
  2. ロック機能の作動
  3. バーナーキャップの目詰まり
  4. 立ち消え安全装置の汚れ

が考えられます。詳しくは以下をご覧ください。

ガスコンロ

1 電池切れの場合

すべてのコンロの火花が出ない場合は電池切れかもしれません。製品によっては電池切れのランプなどのサインが出るタイプもあります。

電池の位置は製品によって異なりますので、取扱説明書でご確認ください。

1年に1度を目安に電池の交換をお勧めします。

電池を交換

2 ロック機能が作動している場合

いたずらや誤動作を防ぐためのロック機能(オールロック/チャイルドロック)が働いているかもしれません。ロック機能の解除方法は製品の取扱説明書でご確認ください。

3 バーナーキャップの目詰まりの場合

着火時に火花は出ても火が消えてしまう場合は、バーナーキャップの目詰まりかもしれません。

バーナーキャップが汚れている場合は、表面はスポンジで丸洗いし、目詰まりは裏面から歯ブラシで洗いましょう。焦げ付きなどがある場合は、竹串などで丁寧に取り除いてください。

ナイロンタワシやスチールタワシはバーナーキャップを傷めるので使用しないでください。

バーナーキャップ

4 立ち消え安全装置が汚れている場合

ガスバーナーの周りにある鉛筆の先のような形状のものが立ち消え安全装置です。その先が汚れていると点火してもすぐに火が消えることがあります。

軽い汚れの場合はやわらかい布などで拭き取り、汚れがひどい場合は、毛がやわらかい歯ブラシなどで汚れを落としてください。

立ち消え安全装置 点火プラグ

トラブルQ: 火力が途中で弱くなってしまう

温度センサーが働いている可能性があります

最近の温度センサー付きのコンロは、一定以上の温度になると火力が弱まるようにあらかじめ設定されています。もし、炒め物など強い火力で調理したい場合は、高温モード(センサー解除スイッチ)を利用できるタイプもあります。詳しくは取扱説明書をご覧ください。

温度センサー