club forest™

 

浴室編

※当コンテンツでは、「住友林業の家」で採用している設備機器についてご説明しています。対応方法はすべて一例です。製品やタイプによって対応方法が異なる場合がございますので、必ず各製品の取扱説明書をご覧ください。

ガス給湯器のトラブルQ&A

トラブルQ: お湯が出ない。給湯器が使えない

リモコン画面に3桁の数字が点滅していませんか?

給湯器のリモコンの画面に下記のような3桁の数字でエラーコードが表示されていませんか?

エラーコード

「011」または「012」が表示されている場合

60分以上連続給湯した場合、または90分以上連続追い焚きした場合表示される警告で、お湯が出なくなります。いったん風呂リモコンの運転スイッチを切り、数秒待って運転スイッチを「入」にしてください。

「032」が表示されている場合

浴槽の排水栓をし忘れている際に表示されます。栓をして再操作してください。

「111」または「112」が表示されている場合

給湯側の点火エラーが発生しています。運転を「切」にして、以下の状態であることを確認してから再操作してください。

  • ガス栓が開いていること
  • ガスメーター(マイコンメーター)がガスを遮断していないこと
  • LPガスがなくなっていないこと(ガス会社へ確認)

エラーコードで状況の確認を

上記のように、画面に表示されるエラーコードによって、機器のさまざまな状態が確認できます。取扱説明書にそれぞれの原因と対応方法が記載されていますので、ご確認ください。エラーコードによって、ご自身で対応できるものか、メーカーでの対応が必要なものかなどもわかります。

「888」は点検時期のお知らせです

一般的な使用で10年相当使用されると、「点検お知らせ機能」が働いてお知らせします。故障ではないので引き続きお使いいただけますが、安全のため、メーカーにご依頼のうえ、点検(有料)をお願いします。

そのほかの給湯器のトラブルについてはこちらのページもご確認ください

凍結していませんか?

凍結で給湯器からお湯が出ないときは以下の方法をお試しください。

  1. 給湯器のリモコンの運転スイッチを切る。
  2. 給湯栓(水栓のお湯側)を少し開ける。
  3. ガス栓を閉める。
  4. 給水元栓を回してみる(閉めてみる)。

給水元栓が回るのに水が出ない場合は、給水元栓以外の箇所が凍結していると考えられます。給水元栓を閉めて、自然解凍をお待ちください。

給湯栓

もし、給水元栓が凍結して回らない場合は、以下をお試しください。

  1. タオルを給水元栓のまわりに巻く。
  2. 人肌程度(30〜40℃)のぬるま湯を給水元栓に巻いたタオルにゆっくりかける。
  3. 給水元栓が回る(水が流れる音がする)ようになったら、(2)で開けておいた家の中の給湯栓を閉める。
  4. タオルを外し、給水元栓のまわりについた水を乾いた布で拭き取る。

水が出るようになっても、水漏れがないかよくご確認のうえ、使用してください。
※配管が破裂するおそれがありますので熱湯はかけないでください。

そのほかの給湯器のトラブルについてはこちらのページもご確認ください

給水元栓 タオルを巻く

お湯が出ないときのセルフチェック
  • 給湯器の外部のコンセントが抜けていませんか
  • 給湯器の外部のコンセントをいったん抜いて、約10秒後に差し直してみてください
  • 分電盤のブレーカーが落ちていませんか
  • リモコンの運転スイッチは「入」になっていますか
  • リモコンの運転スイッチを「切」にして、約10秒後に「入」にしてみてください
  • ガスは供給されていますか
    ガスメーターをご確認ください。
  • 断水していませんか
  • 水道が凍結していませんか
  • 強い雨が降った後ではありませんか
    雨水の浸入などの湿気により一時的に点火しないことがあります。
    その場合は時間をおいてから、再度お試しください。