club forest™

 

夏涼しく冬温かい「緑の設計」

樹木は緑豊かな時期は日かげをつくり、落葉期は、日差しを室内に取り入れることができます。我が家の敷地や周辺環境に合わせて、緑の特性を取り入れることで、夏涼しく、冬は温かい暮らしを実現することができます。

「涼しく住まう」暑さを遮り、涼しさを取り込む

日差しを遮り、熱の侵入や周囲の温度上昇を防ぐ

樹木などの自然のチカラで、夏の日差しを遮り、熱の侵入や周囲の温度上昇を防ぎます。

「暖かく住まう」寒さを和らげ、暖かさをさを取り込む

南側の落葉樹は、落葉して日差しを採り入れ、北側の常緑樹は、冬の季節風を防ぐ。

南側の落葉樹は、冬は葉を落とし、温かい日差しをたっぷりと採り入れます。
また、北側の樹木は、冬の季節風を防ぎます。

落葉樹は、夏に葉が茂り、冬は葉を落とします。その特性を活かし、建物開口部の南側に植栽することで、夏は葉が強い日差しを遮り、冬は室内へと温かい日差しを導きます。

敷地の境界に木を植えることで、道路からの放射熱を抑制することができます。道路や近隣からの目線もやさしくカット。冬でも葉が茂る常緑樹の低木が適しています。

夏の照り返しを防ぐには、芝生が最適です。蒸散作用により効率的に放射熱を抑えてくれます。樹木の蒸散作用は温度を下げる効果があり、温度差によって空気の流れをつくり出す天然の空調設備になり、真夏の暑さを和らげてくれます。

また、カースペースの舗装材の脇や奥側に草木類を植えると、雨水を地中に浸透させることができ、夏の照り返しを防ぐことができます。木陰をつくり、アイストップにもなる木々と組み合わせることで、車がないときも美しい空間になります。


庭づくり・お手入れ・エクステリアリフォームについての
ご相談・お問い合わせは 住友林業緑化株式会社までお問い合わせください。

WEBからのお問い合わせを
どうぞご利用ください

WEBからお問い合わせする
0120-070-107
受付時間 9:15〜12:00、13:00〜17:30
定休日:水・日・祝・年末年始
  • ご連絡の際は、「クラブフォレストを見て」とお申し付けください。