club forest™

 

行楽シーズンやイベント行事に活用したい
ちょっとしたコツで上達!
写真撮影テクニック

フレーミング〜縦で撮るのと横で撮るのは、どう違うの?〜

縦にしようか横にしようか、被写体にカメラを向けると、誰しもがフレーミングについて悩むと思います。一般的に、縦位置は高さや奥行きなどの遠近感を、横位置は壮大な広がりや安定感を表現するのに有効です。

フレーミングに関して一言で言うと、縦写真は「決断・主観」、横写真は「観察・客観」となります。
ですので、縦位置での撮影は、撮影者がこう撮ろうと明確な主観を持って一瞬のシャッターチャンスを狙う感じで、横での撮影は、いろいろとフレーミングを考えて撮影する感じです。
自分ならどう空間を閉じ込めたいかを考え、縦横のフレーミングを意識して写真を撮ってみませんか?

広がり・壮大さ

高さ・奥行き

構図〜少しの工夫でかなりの差が出る、三分割法マスター〜

構図と聞くと、なんだか難しそうだなと身構えてしまい、あまり率先して取り入れてみようと思わない方も多いとは思いますが、ほんのちょっとの工夫だけで、仕上がりの写真にかなりの差が出ます。
構図を意識せずに撮影していると、後々チェックしてみた際に、日の丸構図(見せたい被写体を画面の中心に置く構図)ばかりで撮影してしまって、全体的に同じ印象の写真がたくさん!なんて経験も多いかと思われます。

そこで、マスターしたいのが三分割法です。この三分割法は、右図のように画面を縦横それぞれ1/3ずつに区切って分割し、その分割線の交点(赤い点)に被写体を置いて撮影するというものです。
もちろん日の丸構図でも良い写真は撮影できますが、さまざまなバリエーションの写真を撮影するなら、ぜひ三分割法もマスターしてみてはいかがでしょうか。

三分割法

日の丸構図

日の丸構図は被写体の印象を強める効果があり、堂々とした表現を行うのに向いています。

空間を広く配置する

空間を広く配置することで、背景の広がりが感じられ、奥行き感のある構図になります。

引きと寄り〜全体像を撮るか、インパクトを撮るか〜

もちろんテーマや被写体にもよりますが、基本的には、被写体に近づけば近づくほど良い写真を撮影することができる傾向が強まると言われています。
引き(ロングショット)で撮ると距離や奥行きが表現され、全体的な印象や雰囲気を伝えることができ、寄り(クローズアップ)で撮影すると、インパクトのあるダイナミックな表現が可能となり、被写体そのものが持つストーリーなどのディテール部分をはっきりと撮影することができます。
普段何気なく引きで全体像を撮影しているなあ、と感じられる方は、寄りで被写体に迫った撮影を楽しんでみるのも面白いかも知れません。

引きで撮った場合

引きで撮ると、周りの景色や印象も含め、全体的な雰囲気が伝わります。

寄りで撮った場合"

寄りで撮った場合は、被写体の表情などのディテール部分まで撮影でき、とてもインパクトが出ます。