club forest™

 

無垢・木質フローリングの特徴

フローリングの構造別の特徴や木質フローリングの特性をご紹介します。

木質フローリングは、大きく2種類に分かれます。
1つは、1種類の無垢材のみの単層(一枚板)で仕上げられた無垢フローリング。もう1つは、基材となる合板の上に木材を薄くそいだ板(単板)を張り合わせた複合(複層)フローリングです。
複合フローリングには、単板の種類によって、挽板フローリングや突板フローリングと呼ばれるものがあります。

無垢フローリングの特徴

無垢フローリングの特徴

無垢ならではの風合いがあり、経年変化によって深みのある艶が現れてくるのが特徴です。
無垢材は、フロア材になってからも呼吸をし続けます。空気中の湿度が高いと湿気を吸収して伸び、乾燥すると湿気をはき出して縮む性質があり、室内の湿度を一定に保つ役割も果たしています。
そのため、湿気の多い季節には、フロアが伸びて継ぎ目部分が突き上がったり、乾燥する季節には、継ぎ目部分に若干のすき間ができることがあります。また、板の継ぎ目部分がすれて音が発生することもあります(床鳴り)。

無垢フローリングは、木材の天然の風合いや質感をできるだけ大切にするため、一般的な複合フローリングに比べて色調に多様性があります。

以前は、無垢材は湿度変化による伸び縮みがあるため、床暖房に対応していませんでしたが、現在では、床暖房に対応する無垢フローリングも増えています。

ウイスキー樽から生まれる無垢フローリング

長年ウイスキー樽に使用されたホワイトオークを無垢フローリングとして再生。四樽から一坪半ほどしか採れない貴重な床材です。その深みのある風合い、格調高い風格は、長い歳月を経たオークでしか生み出せないものです。

ホワイトオークでつくられたウイスキー樽
ホワイトオークでつくられたウイスキー樽。

樽を解体して側板をバラバラに
樽を解体して側板をバラバラにします。

解体直後の側板
解体直後の側板は曲がっています。

特殊な方法でまっすぐに伸ばす
特殊な方法でまっすぐに伸ばした側板を乾燥させます。

焦がされた側板の表面を削る
焦がされた側板の表面を削ります。

良質な部分を削り出し、加工
良質な部分を削り出し、接着、形状加工します。

突板(つきいた)フローリングの特徴

突板(つきいた)フローリングの特徴

突板とは、木材を薄くスライスしたもので、これを合板の基材の上に貼り合わせたものが突板フローリングです。
突板フローリングは無垢フローリングに比べて、精度の均一化が図りやすいのが特徴です。

また、基材と突板の間に特殊な繊維板を挟んだり表面塗装を施すことで、耐凹み性をアップさせ、キャスター付き家具の使用や、食器などが落下しても凹みキズがつきにくくした製品など、銘木の美しい木目を活かしながら、機能性を高めたフローリングもあります。

挽板(ひきいた)フローリングの特徴

挽板(ひきいた)フローリングの特徴

挽板とは、ノコギリなどで挽いて切った板のことで、突板(0.3mm程度)よりも厚めの木材(1mm〜2mm程度)です。この挽板を合板の基材の上に貼ったものが挽板フローリングです。
無垢材を贅沢に使った挽板フローリングは、天然木の風合いがそのまま生きています。

無垢フローリングと比べた場合、基材が合板であるため、木の反りや収縮などの変形が少ないのが特徴です。
表面が無垢材なので、無垢フローリング同様に、オイル仕上げの床や、表面に凹凸をつけた「なぐり調」のフローリングなどもあります。

※2017年7月18日まで、挽板の厚みを10mm〜20mm程度と記載しておりましたが、正しくは1mm〜2mm程度の誤りでした。誤りを 訂正するとともに、お詫び申し上げます。

木質フローリングならではの特徴

天然木を使用した木質フローリングは、同じ木であっても、木目や色味など一つとして同じものがなく、その個性こそが魅力・味わいとなります。
例えば、木の年輪は、一見すると規則正しい模様に見えますが、年ごとの気候などの影響で生長量が微妙に変化するため、各年の幅に差が生じます。この自然がつくり出す均等ではない木目模様のパターンは、「1/f ゆらぎ」とも言われ、人の心に安らぎを与えてくれる効果があるといわれています。
その他、節や入り皮、木目の曲がりや逆目なども、自然素材ならではの表情です。そこには、人と同じように命を持って生きてきた樹木の軌跡があります。

枝が、成長した幹に巻き込まれた部分です。

オーク
オーク

ハードメイプル
ハードメイプル

ビーチ
ビーチ

ブラックチェリー
ブラックチェリー

入り皮

傷ついた樹皮が巻き込まれた部分です。

オーク
オーク

ブラックチェリー
ブラックチェリー

てり

木肌の光沢です。木材を形成する細胞の方向性の違いから生じます。

シカモア
シカモア

ハードメイプル
ハードメイプル

シュガー筋

樹液成分が筋状や点状に現れるもので、ハードメイプルなどで見られます。

ハードメイプル
ハードメイプル

 

やに(すじ・つぼ)

樹液が細胞の空隙にたまっているものが「やにつぼ」。これが集まって線状に見えるのが「やにすじ」です。

オーク
オーク

ビーチ
ビーチ

ブラックチェリー
ブラックチェリー

 

金筋(きんすじ)

鉱物質が混入し、筋状に堆積したものです。

ハードメイプル
ハードメイプル

 

虎斑(とらふ)

ナラやオークなどブナ科に見られる模様で、虎の縞模様に似た幅広の班模様。立ち木のときに養分貯蔵の役割を担っていた細胞の跡です。

オーク
オーク

 

縮み杢(もく)

木目が波状に縮んでしわが寄ったように見える模様。バイオリンなどの甲板としても重宝されます。

ハードメイプル
ハードメイプル

 

鳥眼杢(ちょうがんもく)

小鳥の目のような小さな円形の斑点。板にたくさん散らばって現れます。

ハードメイプル
ハードメイプル

 

色・柄の個性

同じ木でも、ピースごとに色の濃淡や柄が異なり、個性豊かな表情となります。

オーク
オーク

ビーチ
ビーチ

ブラックウォルナット
ブラックウォルナット

 

ワックスなど、フローリングのお手入れアイテムのご購入はオンラインショップへ